「コロナ禍のシニア行動の変化と今後のシニアマーケティング」に関するセミナーを2021年7月8日(木)16:30~17:30にオンライン(Zoom)にて、株式会社博報堂のプロジェクトチーム「博報堂シニアビジネスフォース」と共同で開催いたします。2020年4月と2021年3月の2回の共同調査結果と、趣味人倶楽部運営のノウハウ・マーケティング支援のノウハウをもとに、コロナによって変化したシニアの行動と、今後のシニアマーケティングについてより踏み込んだ内容を解説いたします。

【おすすめの方】
・シニア向けにサービスを展開している企業のマーケティング、PR担当者様
・過去シニアマーケティングを実施したことがある方

【セミナー開催概要】
日時:7月8日(木) 16:30~17:30
定員:100名
場所:オンライン開催(Zoom)
お申込:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd7WNG6OxfR-G2VP3bC8Eja9w7SYvwNbnybgJ4VnFpzv1D4Fg/viewform
※こちらのURLよりお申し込みください。
主催:株式会社オースタンス
協力:博報堂シニアビジネスフォース

【セミナー内容】
・シニア向け調査内容の発表
 -オンライン行動の変化
 -お出かけへの意識の変化
・調査内容を踏まえての考察(博報堂:梅村×オースタンス:菊川)
・イベント参加者からの質問回答

詳細はPRTimesよりご確認ください。

株式会社オースタンスの調査・ビジネス推進組織「趣味人倶楽部シニアコミュニティラボ」は、株式会社博報堂のプロジェクトチーム「博報堂シニアビジネスフォース」と共同で、日本最大級のシニアを対象としたSNSコミュニティサイト「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」の会員(60-94歳)を対象に、新型コロナウイルスの流行がアクティブシニアにどのような影響を及ぼしているかについて調査を行いました。

コロナ禍も2年目に迎えた今回の調査で見えてきたのは、同居人以外との外出を極力我慢し、ワクチン接種を心待ちにし、収束後の旅行や外出を楽しみにしているシニアの姿でした。

調査結果および詳細はPRTimesよりご確認ください。

 

尚、「趣味人倶楽部シニアコミュニティラボ」では、シニアの定量/定性調査や商品開発などマーケティング支援を行っております。
調査メニュー資料(事例あり):https://smcb.jp/redirects/5368

株式会社オースタンスの調査・ビジネス推進組織「趣味人倶楽部シニアコミュニティラボ」は、株式会社博報堂のプロジェクトチーム「博報堂シニアビジネスフォース」と共同で、日本最大級のシニアを対象としたSNSコミュニティサイト「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」の会員(60-94歳)を対象に、コロナ禍がアクティブシニアにどのような影響を及ぼしているかについて2021年3月に調査を行いました。

2020年4月に実施した調査と結果を比較したところ、コロナ禍をきっかけに活性化したオンライン行動をさらに進化させながら、不安な日々を乗り切ろうとするシニアの姿が見えてきました。

調査結果および詳細はPRTimesよりご確認ください。

 

尚、「趣味人倶楽部シニアコミュニティラボ」では、シニアの定量/定性調査や商品開発などマーケティング支援を行っております。媒体資料(事例あり)などは以下URLよりご確認ください。
調査メニュー資料:https://smcb.jp/redirects/5339

 

コロナ禍で売上減の酒業界支援として、「シニア向けオンライン酒蔵ツアー」のサービスを開始しました。Zoomなどのビデオ通話ツールを活用したシニア向けのオンラインイベントと、ECを掛け合わせた、”新しい生活様式”における、”新しいお酒の販売・体験方法”となります。第一弾として、旭酒造株式会社と共に、有名日本酒ブランド「獺祭」のオンライン酒蔵ツアーを開催。今後も、ワイナリー、クラフトビールの企業様と、第二弾の実施を予定しております。

 

詳細は、PRTimesよりご確認ください。

~新型コロナによる外出自粛で、不用品の片づけをしたいシニアが急増。2日間でフリマアプリの仕組みを学び、不用品の出品までを実践できる、オンライン教室を開催~

約2ヶ月間の外出自粛により、シニアの約3割が「新型コロナウイルス感染拡大前と比べて、不用品の片づけ/処分をする時間が増えた」と回答しました。楽天「ラクマ」の60歳以上の月間登録者数も、2020年4月は同年2月の約1.6倍と増加しています。このようにシニアのフリマ体験の需要が伸びる中で、国内最大級のシニア向けコミュニティサービス「趣味人倶楽部」と楽天「ラクマ」は、「おうちで学べる、おうちで出品できるフリマアプリ教室」をコンセプトに、「新しい生活様式」に合わせたオンライン版「シニア向けフリマアプリ教室」を、5月27日と6月3日に共同で初開催いたします。

 

詳細は、PRTimesよりご確認ください。

〜お料理だけでなく、キャラクターとのソーシャルディスタンスを保った状態での記念撮影「ソーシャルディスタンスフォト」も可能〜

エンターテイメントの力で社会課題を解決する「株式会社オースタンス」は、泡にまみれる「泡パ®️」など、話題の体験型イベントを手がけるクリエイター「アフロマンス」率いる「Afro&Co.」、公共空間で没入型ライブエンターテイメントを企画制作する「Out Of Theater」の二社とコラボレーションし、様々なキャラクターたちが、自宅に美味しいごはんと楽しいを届ける「キャラデリバリー」を、こどもの日に合わせ、2020年5月4日(月祝)〜5月5日(火祝)の計2日間で初開催いたします。

 

現在、新型コロナウイルスの影響で、多くの方が外出自粛を余儀なくされています。長い間、自宅でじっとしていると、心が疲れてきてしまう。そこで、美味しいごはんに加えて、楽しいを届けられないかと想い、考えたのが「キャラデリバリー」です。様々なキャラクターたちが、お店とコラボレーションし、あなたのお家に美味しいご飯と小さな楽しいを届けます。本企画は、飲食店への応援に加え、現場がなくなり困っているパフォーマーへの応援企画にもなっています。

今回お届けするのは、兵庫県尼崎市の非公認ご当地キャラクター「ちっちゃいおっさん」や、時事ネタ投稿で話題の「ましゅ」をはじめ、個性豊かなキャラクター達。 料理は、高級出張寿司で人気の「SUSHI+」が手がけるチラシ寿司や、世田谷のカフェレストラン「世田谷百貨店」が手がけるサンドイッチなど、こどもの日に合わせた特別メニューです。

ゴールデンウィークに自宅で過ごす皆さまに、美味しいごはんとキャラクターたちで、笑顔になっていただきたいと思っています。また、今回の反響を元に、キャラクターがご飯を届け、飲食店とパフォーマーを応援する企画として、コラボレーション先やエリアを広げながら、今後のさらなる展開も検討していきたいと思っています。

公式サイト:https://afroand.co/charadelivery

 

詳細はPRTimesよりご確認ください。

 

新型コロナで、シニア8割がインターネットで情報収集。他デジタル行動も加速。趣味人倶楽部シニアコミュニティラボと博報堂シニアビジネスフォースが、1500名以上のアクティブシニアに共同調査実施。

株式会社オースタンスの調査・ビジネス推進組織「趣味人倶楽部シニアコミュニティラボ」は、株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)のプロジェクトチーム「博報堂シニアビジネスフォース」と共同で、日本最大級のシニアを対象としたコミュニティサイト「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」の会員を対象に、新型コロナウイルスの流行がアクティブシニア(※)にどのような影響を及ぼしているかについて調査を行いました。

調査の結果見えてきたのは、デジタルを駆使して情報収集をし、他者とのつながりを求め、在宅生活を充実させようとする能動的なシニアの姿でした。

 

詳細は以下のPRTimesよりご確認ください。

 

新型コロナウイルスの影響でシニアの在宅時間が伸び、社会的交流の希薄が懸念されています。株式会社オースタンス(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:菊川諒人)が運営する、国内最大級シニア向けコミュニティサイト「趣味人倶楽部」(会員34万人)では、物理的距離は離れつつも、シニアの社会的繋がりはつくっていきたいと考えています。この度、若者がZoomで飲み会をするように、シニアがZoomなどのビデオ通話ツールで交流できる機能を、趣味人倶楽部内に開発いたしました。

 

詳細はPRTimesからご確認ください。

株式会社オースタンス(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:菊川諒人)は、シニア世代の詳細な調査、およびそのビジネス活用を推進する組織「趣味人倶楽部シニアコミュニティラボ」を設立しました。

趣味人倶楽部シニアコミュニティラボHP

 

元電通シニアプロジェクトの加藤航平がラボの室長を務めます。既に、東京大学高齢社会総合研究機構(キャンパス:東京都文京区)の菅原特任講師および村山特任講師、博報堂シニアビジネスフォース(株式会社博報堂本社:東京都港区/博報堂シニアビジネスフォース代表:梅村太郎)と共に、シニア世代の詳細な調査を開始しています。

 

シニア世代の孤独は、超高齢化社会を迎える日本の大きな社会課題です。実際に50,60代の4人に1人が、1年以上友達と合わないという調査結果があります。(※趣味人倶楽部シニアコミュニティラボ調べ)

趣味人倶楽部シニアコミュニティラボは、調査研究とビジネスの力を繋ぎ、シニアのコミュニティを活性化していくことでこの問題に立ち向かいます。

 

【役務】

1:シニア調査

シニア世代の状況は日々刻刻と変化し、日本の伝統的な高齢者像はもはや当てはまらなくなっています。また世代ごとにもまったく異なる価値観が広がり、一括りにはできません。

現在のシニア世代の実態を詳細に掴むべく、精緻な調査・レポートを実施していきます。

 

2:コミュニティプロデュース

株式会社オースタンスの運営するシニア世代のコミュニティサービス「趣味人倶楽部」は、趣味を軸としたシニア世代の活発なコミュニティを3.5万ほど抱えています。

この知見を活かし、シニア世代への情報発信、新規コミュニティの立ち上げ・活性化、シニアインフルエンサー等を活用したコミュニティの運用などをクライアントワークとして承ります。

 

3:シニア向けビジネス開発

オースタンスのシニアネットワークを活かし、シニアコミュニティとの共創を通じた商品/サービス/事業開発の場を提供します。調査、クリエイティブの制作/検証、事業開発、プロモーションまで一貫して実施することができます。

2019年9月に、シニア向け体験コンテンツである、「おとな公演」を企画運営し、2週間で300人以上の応募がありました、出演者100名、観劇者650名のライブエンターテイメントを実施しました。

 

 

【参考文献】

※「高齢者に関する調査」

調査主体:趣味人倶楽部シニアコミュニティラボ

調査対象 : 日本全国のシニア(55-75歳、男女)

回答者数 : 1,000人

調査方法 : インターネット調査法

調査期間 : 2020年4月1日~2日

株式会社オースタンス(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:菊川諒人)が運営する、国内最大級シニア向けコミュニティサイト「趣味人倶楽部」(会員34万人)は、新型コロナウィルスの影響に関するアンケート調査を実施。その結果、約半数が「おうちで過ごす時間を充実させたい」と感じていることがわかりました。
そこで「趣味人倶楽部」は、会員の「おうち時間」を充実させるためのサービスを開始します。具体的には、オンラインコンテンツを配信する企業に対して、広告枠の一部を無償で提供していきます。

 

【背景】
趣味人倶楽部の調査※1によると、新型コロナウィルスの影響により、約半数のシニアの方々が、「おうちで過ごす時間を充実させたい」と感じていることがわかりました。

さらに、「どのようなオンラインサービスがあったら、家の生活が充実すると思うか」という質問に対しては、「パソコンやスマホで、映画・ドラマや本を楽しみたい」「パソコンやスマホを使って、カルチャー教室で学びたい」という意見が多く集まりました。その結果、家の生活を充実させる商品・サービスに出会えていないシニアの方が、多くいることがわかります。
そこで、シニア世代の「おうち時間」を充実させるため、シニア向けオンラインサービスが集約されているページを、4/28に公開します。

この企画に伴い、趣味人倶楽部を一緒に盛り上げてくださる企業様を募集します。

【企画概要】
趣味人倶楽部内にある、「おすすめ情報」のページにて、ご応募いただいたサービスを無償で掲載させていただきます。

※画像は掲載イメージです。

▼事例の紹介
オンラインヨガ教室を展開しているSOELU様とコラボをして、映像コンテンツを趣味人倶楽部会員様へ向けて配信しております。

【対象のサービス】
・オンラインで完結しているサービス
・50代以上の方に向けたサービス
・期間限定で無料や割引などを実施している
上記3つの条件を満たし、この企画に賛同いただける企業様

 【応募方法】
▼募集期間
4/14(火)〜 4/27(月)24:00まで
▼応募方法
以下のお問い合わせフォームにアクセスいただき、ご相談内容に「おうち時間を応援プロジェクト応募」と記載し「サービスのURL」をお送りください。

【趣味人倶楽部の今後の動き】
趣味人倶楽部会員様の滞在利用時間が、3月1日~3月31日において、前年同期比で13.43%アップしています。これは新型コロナウイルスによる影響と考えられます。
今後も、外出の自粛が続く中で、趣味人倶楽部はシニアのお家時間を充実させるサービスを実施してまいります。
 

【趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)とは】
月間2000万PV、月間100万UU、会員数34万人と、多くの方に日常的に使用されている、シニア向けのコミュニテイサービスです。

旅行・カメラ・ゴルフ・カラオケ・社交ダンスなど、趣味をきっかけにコミュニティの中でつながり、オフ会などでリアルに交流するアクティブ層が多いのが特徴です。
さらに匿名性のコミュニティサイトのため、自身の「好き」や「興味」に向き合い、新しい趣味や出会いを楽しむことができます。

【株式会社オースタンス とは】
会社名:株式会社オースタンス
代表者:代表取締役 菊川 諒人
事業内容:50,60代向けのコミュニティ事業として、WEBサービスとリアル体験を提供

【参考文献】
※1 趣味人倶楽部内実施の調査
調査名:新型コロナウイルスによる生活への影響に関するアンケート
実施期間:2020年4月4日(土)〜2020年4月9日(木)
調査対象:趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ) https://smcb.jp/
回答数:1829名

株式会社オースタンス(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:菊川諒人)はこのたび、株式会社メディカルノート 代表取締役CEOの梅田裕真氏、株式会社ギフティ 取締役の鈴木達哉氏、起業家でand factory株式会社 元取締役の水谷亮氏を引受先とする、第三者割当増資を実施したことをお知らせいたします。

今回の資金調達の引受先

・株式会社メディカルノート 代表取締役CEO 梅田裕真
・株式会社ギフティ 取締役 鈴木達哉
・起業家/and factory株式会社 元取締役 水谷亮
 ※敬称略、順不同

今回の資金調達の目的

資金調達の目的と今後の展開オースタンスは、日本最大級のシニア向けコミュニティサービス「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」を運営しています。
 趣味人倶楽部:https://smcb.jp/
今回の調達した資金を、「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」のプロダクト開発、マーケティング活動のために活用し、会員様に、より快適に、楽しく、ご利用頂けるサービスを目指します。更に、34万人を超えるシニア会員基盤を活用し、新しいシニアサービスの開発を強化します。

現在、日本の平均寿命は女性87歳、男性81歳と、世界最長寿国です。60歳以上の消費総額は2020年には106兆円規模と推計され、シニア市場は今後も増加し続ける成長産業です。※ニッセイ基礎研究所試算
急速に高齢化が進む日本を、介護や年金問題などで悲観的に捉える声も多い一方で、当社は50〜60代の「エイジング・エネルギー」を引き出すことで、年齢を重ねることを、”もっとポジティブに”捉えられる瞬間を生み出したいと考えています。
新しい目標を持てたり、自分の”好き”を発信できたり、気の合う仲間と繋がったり、心も身体も健康になるようなサービスを提供できるよう、挑戦し続けます。
 

株式会社メディカルノート 代表取締役CEO 梅田裕真

<プロフィール>
1983年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。投資家と起業家として活躍。メディカルノートを創業し代表取締役CEO。
<コメント>
シニア向けにサービス展開するオースタンスの世界観、菊川社長のビジョンに共感し、ご一緒させていただきました。シニアのIT利用がますます増えていく中、オースタンスの成長を支えていきます。
 

株式会社ギフティ 取締役 鈴木達哉

<プロフィール>
1985年生。一橋大学経済学部卒業。
2008年 株式会社インスパイアにて大企業の新規事業支援やベンチャー投資業務に従事。2011年 株式会社wacul社の取締役に就任。
2012年 ギフティ社の取締役に就任。
<コメント>
今後日本が向き合う課題に対して、明るく楽しいアプローチで解決していこうとするオースタンス社と菊川さんの考え方に強く共感し、一緒の船で応援させて頂くことにしました。
 

起業家 / and factory株式会社 元取締役 水谷亮

<プロフィール>
新卒で大和証券SMBC(現 大和証券)に入社し、投資銀行業務に従事。
2014年9月にand factory株式会社の設立に参画し、同年11月、取締役に就任。コーポレート部門の管掌取締役として同社の成長を牽引し、設立4年でIPOを果たしたのち、2019年11月に任期満了に伴い取締役を退任。
<コメント>
菊川くんと初めて会ったのは、彼がまだ大学生の時で、気づけば10年以上経ちました。今回オースタンスに投資をさせてもらいましたが、学生時代からどんどん成長していく菊川くんに、常に多くの刺激と学びをもらっています。
今後は、オースタンスが目指す世界の実現に向けて、同じチームの一員として一緒に邁進できることを非常に嬉しく思います。
 

趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)とは 

「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」は、月間2000万PV、月間100万UU、会員数34万人と、多くの方に日常的に使用されている、シニア向けのコミュニテイサービスです。
 趣味人倶楽部:https://smcb.jp/ 
旅行・カメラ・ゴルフ・カラオケ・社交ダンスなど、趣味をきっかけにコミュニティの中でつながり、オフ会などでリアルに交流するアクティブ層が多いのが特徴です。
さらに匿名性のコミュニティサイトのため、これまでの人生にとらわれずに自身の「好き」や「興味」に向き合い、新しい趣味や出会いを楽しむことができます。
 

株式会社オースタンス とは

【会社概要】
会社名:株式会社オースタンス
代表者:代表取締役 菊川 諒人
事業内容:50,60代向けのコミュニティ事業として、WEBサービスとリアル体験を提供
URL: https://ostance.com/

 

PRTimesでも配信しております

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000018508.html

株式会社オースタンス(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:菊川諒人)は、東京大学高齢社会総合研究機構(キャンパス:東京都文京区)の菅原特任講師および村山特任講師と共に、インターネットを活用する高齢者の生活事情、幸福度や健康に関して共同調査を開始しました。オースタンスが運営する、日本最大級のシニア34万人が所属するコミュニティサイト「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」の会員が、調査対象となります。リアルな繋がりではなく、バーチャルな繋がりと高齢者の幸福度や健康との関係を調べる調査は、先進的な試みです。

この度開始する共同調査では、SNSなどを介したバーチャルな繋がりが、高齢者の幸せや健康に寄与するのか、バーチャルな繋がりがあれば最終的にリアルな繋がりはなくても幸せなのか等、調査を実施いたします。さらに、調査は2年後を目途に再度行い、バーチャルな繋がり、幸福度や健康度の変化についても調べます。
仮にバーチャルな繋がりが高齢者の幸福度と健康に寄与する場合、高齢者の生活をより豊かにするような、IT技術を活用した交流サービスや社会の仕組みの発展に貢献するものと期待しております。

【東京大学 高齢社会総合研究機構 特任講師 菅原育子氏 コメント】
技術の進化によって、人と人のつながりの形は大きく変化しています。大人の暮らしを豊かにするバーチャルなつながりとはどのようなものか、趣味人倶楽部のみなさんと一緒に明らかにしていければと考えています。

【東京大学 高齢社会総合研究機構 特任講師 村山洋史氏 コメント】
バーチャルなつながりは様々な可能性を秘めていると感じます。その効果を科学的に解明し、健康長寿の実現に向けた知見を出していきたいと考えています。

​【調査概要】
テーマ:バーチャルな繋がりによる、シニアの幸福度と健康に関する調査
対象:「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」会員
調査方法:アンケートおよびグループインタビューなど
期間:2019年12月〜2020年4月予定(1回目調査)

【背景】
オースタンスは、日本最大級シニア向けコミュニティサイト「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」の運営をはじめとして、アクティブシニアの「エイジング・エネルギー」を引き出す事業に取り組んでまいりました。
一方、東京大学高齢社会総合研究機構では、高齢者の幸福度・健康と交流に関して、様々な研究を進めてまいりました。実際に、地域でのコミュニティ活動など、リアルな交流が日常に根付いている高齢者の方が、孤独な高齢者よりも幸福度が高く、健康にも寄与しているという研究結果が多く報告されています。※1
しかし、リアルな繋がりではなく、バーチャルな繋がりによる高齢者の幸福度や健康の調査については明らかになっていない部分が多いため、この度の共同調査に至りました。

【オースタンス、および趣味人倶楽部とは】
株式会社オースタンスは、50代、60代の「エイジング・エネルギー」を引き出す、おとなコミュニティ事業を展開しています。 「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」は、月間2000万PV、月間100万UUと、多くの方が日常的に使用しています。旅行・カメラ・ゴルフ・カラオケ・社交ダンスなど、趣味をきっかけにコミュニティの中でつながり、オフ会などでリアルに交流するアクティブ層が多いのが特徴です。
株式会社オースタンス: https://ostance.com/
趣味人倶楽部: https://smcb.jp/

【東京大学高齢社会総合研究機構(IOG:Institute of Gerontology)とは】
日本をはじめ世界各国で広く急速に進行する社会の高齢化にともなう諸問題を解決するため、2009年4月に設置された部局横断的組織です。高齢社会に対応した活力ある社会を構想し実現するため、学際的・分野横断的なチームで社会実験的な研究プロジェクトに取り組み、エビデンスと社会の真のニーズを踏まえた実効性のある政策提言や、望ましい社会システムのモデルの構築を行っています。

【東京大学 高齢社会総合研究機構 特任講師 菅原育子】
2006年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(社会心理学)。東京大学社会科学研究所助教等を経て、2015年より東京大学高齢社会総合研究機構・特任講師。2016年度日本老年社会科学会奨励賞を受賞。人生を通した社会との関わりと幸福感について明らかにすることを主な研究テーマとして、取り組んでいる。

【東京大学 高齢社会総合研究機構 特任講師 村山洋史】
2009年東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。博士(保健学)。東京都健康長寿医療センター研究所、ミシガン大学公衆衛生大学院を経て、2015年より東京大学高齢社会総合研究機構・特任講師。2012年日本公衆衛生学会奨励賞、2015年公益財団法人長寿科学振興財団長寿科学賞を受賞。専門は、公衆衛生学、老年学。人々のつながりや地域の文化・風土が健康に及ぼす影響について研究している。

【参考資料】
※1 村山 洋史(2019).「つながり」と健康格差: なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか  ポプラ新書
https://www.amazon.co.jp/dp/4591158950/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_1P19DbTWE2258

 

【PRTimesでも配信しております】

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000018508.html

 

超高齢化社会問題をエンタメの力で解決する株式会社オースタンスは、50歳以上の出演者100名以上で、日本のシニアを元気にするダンス&リーディングシアター「おとな公演」を、敬老の日シーズンの9月14日に開催し、1日で約630名を動員しました。
堤幸彦監督(代表作:『20世紀少年』『トリック』等)や、コシノミチコ氏(世界的ファッションブランド『MICHIKO LONDON KOSHINO』デザイナー)と、野添 義弘氏(代表出演作:堤監督演出舞台「魔界転生」)といった、ビジョンに共感した豪華参加者と、一般公募の50代以上102人が舞台を共に創る、日本初※の試みです。 ※2019年9月時点

同世代の仲間とも出会え、ダンスによる認知症・怪我予防などの健康促進にもつながる本公演の参加者は、最高年齢78歳、ダンス未経験者3割以上。暗いニュースが目立つ超高齢化社会において「シニアの新しい挑戦と心身の健康」を応援する企画です。
​本公演は、テーマ「踊れ!人生があるうちに。」のもと、何歳になっても人生は輝き出すことを描くドタバタ・エンタメ群像劇。”シニアダンサー”がまさに「踊れ!人生があるうちに。」を体現しました。

■「おとな公演」とは
「おとな公演」は、全員50歳以上の方々102人でつくる、ダンスとリーディングシアターが一体となった、新しい ジャンルの舞台です。第1回目の本公演は、当社のビジョンである「私の好きが、世界を、動かす。」を体現するようなストーリーとなっており、参加者1人ひとりが「私の好き」を表現できる瞬間をつくっています 。また、年齢を重ねた方々でつくるからこそ、「老い」や「死」をテーマにした公演になっています。

■豪華参会者コメント

・堤監督コメント「驚くほど元気である‼︎今や日本の「主役」とも言える御年配の方々!観ているだけでこちらがパワーをもらう。感動の立体リーディングとパワフルダンス!稀有な作品に参加できて幸せです!

・コシノミチコ氏コメント「私もう母親だから」などおとなになる毎に何かを諦める事が多い日本、そんな誰かの為に自分を抑えて頑張ってきたおとなの皆さんには、もう一度自分らしさ輝きを取り戻すチャンスが必要です。この公演が皆さんのそのチャンスになってくれたらと思います」

■出演したおとなダンサーコメント

62歳男性ダンス未経験者コメント

「ダンスは初挑戦だったので、間違えないように、みんなに合わせようっていう気持ちがあって緊張しましたね。楽しいですよね、ランニングマンとか教えてもらって・・・・できるようになった時、嬉しくなります。一月半の短い期間でしたが、一つの事を成し遂げると言った、一体感が芽生えたおとな公演でした。楽しかったです!」

・78歳女性ダンス経験者コメント

「体がだんだん古くなって痛いところもありますので(笑)、でもこらえながら、ケアをしながら今日を迎えました。ステージが好きっていうのもありましたし、みなさんに面倒を見ていただきながら振り付けを覚えたり、一緒に踊るための努力をして、最後の最後まで皆さんに助けられて、とても楽しい舞台でした。稽古期間中は、挫折して客席で見ることになるかな?と思っていましたが、最後まで(皆さんが)引っ張ってくださったので、公演まで漕ぎ付けることができました。そうすると欲が出てきて!踊りを続けたいな〜と。次の機会もあれば、出たいと思います!機械的に体操するよりも踊って自分の体を動かす方が大好きです!」

■観客コメント ※SNSより一部抜粋。(#おとな公演 #踊れ人生があるうちに 等で検索)

・「ダンスとリーディング劇の融合という新ジャンルへの興味や、ストーリーの素晴らしさはもとより、ほとんどの方が素人さんという、100人を超えるシニアの皆さんのダンスパフォーマンスや笑顔がものすごいパワーとなって心が震えました。感動しました!」

・「今日のこの舞台、私を含めた高齢化社会の中に埋没しそうな人に「渇」を入れてくれる爽やかな作品に仕上がっていました。激しいダンスに客席の手拍子、踊れるのは命あるうちと教えていただきました。」

・「100人を超えるシニアダンサー とても素敵 元気を貰い 私も参加したいなぁ〜⁉️」

■なぜ、今「おとな公演」が必要なのか
超高齢化社会が進む今日において、おとな世代のダンスが注目され、厚生労働省後援のダンス教室などが多数開催されています。同世代との繋がりや、運動によって、心身の健康が促進されるためです。※1※2
ダンスは、音楽に合わせて踊るため、おとな世代の『運動能力』と『感覚能力』をアップをする効果があります。ダンスによって、記憶や学習をつかさどりバランスを保つ海馬組織が大きくなることが、独オットー・フォン・ゲリク大学の研究でわかっており、認知症の予防や、ケガの防止に効果的とされています。※3
また、ハーバード大学によると、「孤独感は健康問題に影響を与える」という研究結果がでており、社会参加活動をしていないことは認知症の発症しやすさを41%、人との接触頻度が低いことは57%、孤独感は58%上昇させているという結果が出ています。※4
おとな世代の運動促進とつながりの機会創出の観点から、心身の健康を高めるおとなのダンス教室のニーズが高まっています。

■なぜオースタンスが、おとな公演を開催するのか
当社は、昨年からアラ還のアーティスト集団「シニアモンスターズ」の活動を通して、50・60代のおとな世代の方々が、累計300人参加するイベントを開催。その中で、ダンスや音楽のパフォーマンスを観ていた方々から、「私も、ダンスをやってみたい。」「いつか、ステージに立ってみたい。」「同世代で楽しめることがしたい。」といった声を、多数頂きました。
当社は社員平均年齢27歳と若いため、親世代の方々から頂いた声が他人事には思えず、「日本のおとな世代を元気にしたい」という想いを強く抱くようになりました。
そんな想いに、堤幸彦監督やコシノミチコ氏に共感頂き、「全員50歳以上、出演者100人の ” 第1回 おとな公演 “」の実現に至りました。

■株式会社オースタンスとは
「私の好きが、世界を、動かす。」という経営理念のもと、ダンサー・シンガー・作曲家を全国で900人以上抱え、エンターテイメント領域でサービスを提供しています。
おとな世代向けには、日本最大級のおとな世代向けSNS「趣味人倶楽部」の運営、シニアモンスターズのプロデュースや、おとな世代がステージで輝ける「おとな公演」を行っています。
ウェディング領域は、ダンス演出やレターソングの演出を、年間1000組のお客様に提供しています。広告領域は、アーティストのプロデュースや、CM制作やイベント企画運営を行っています。

・公式HP:https://ostance.com/

・趣味人倶楽部:https://smcb.jp/

・シニアモンスターズ:https://senior-monsters.ostance.com/

■参考文献

1.「厚生労働省後援、高齢者向けダンス教室「今から始める『はじめての健康ダンス教室』で介護予防!」開催」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000012929.html

2.公益社団法人日本ストリートダンススタジオ協会 「60歳からの健康ダンス」https://nssa.or.jp/senior/

3.独オットー・フォン・ゲリク大学 発表 神経科学専門誌「frontiers Human Neuroscience」(電子版) 2017年6月15日号 掲載

4.プレジデント 「長生きしたいなら「孤独は毒」を理解せよ」https://president.jp/articles/-/25545

株式会社オースタンスは、50歳以上の出演者100人で、日本のおとなを元気にするステージ「おとな公演」を、2019年9月14日に開催します。
超高齢化社会が進む日本だからこそ掲げるテーマ「踊れ!人生があるうちに。」のもと、何歳になっても人生は輝き出すことを描くドタバタ・エンタメ群像劇です。
豪華参加者の堤監督やコシノミチコ氏と共に本公演を作る、おとなダンサーを2019年6月30日(一次締切)、7月10日(二次締切)までに先着100名募集します。
同世代の仲間とも出会える本公演は、プロのダンサーによるレッスンを全14日行うため、初心者の方も大歓迎です。詳細は公式HPをご確認ください。
おとな公演 公式HP:https://otona-koen.ostance.com/

【背景】
超高齢化社会が進む今日において、おとな世代のダンスが注目され、厚生労働省後援のダンス教室などが多数開催されています。同世代との繋がりや、運動によって、心身の健康が促進されるためです。※1※2
ダンスは、音楽に合わせて踊るため、おとな世代の『運動能力』と『感覚能力』をアップをする効果があります。ダンスによって、記憶や学習をつかさどりバランスを保つ海馬組織が大きくなることが、独オットー・フォン・ゲリク大学の研究でわかっており、認知症の予防や、ケガの防止に効果的とされています。※3
また、ハーバード大学によると、「孤独感は健康問題に影響を与える」という研究結果がでており、社会参加活動をしていないことは認知症の発症しやすさを41%、人との接触頻度が低いことは57%、孤独感は58%上昇させているという結果が出ています。※4
おとな世代の運動促進とつながりの機会創出の観点から、心身の健康を高めるおとなのダンス教室のニーズが高まっています。

【なぜオースタンスが、おとな公演を開催するのか】
当社は、昨年からアラ還のアーティスト集団「シニアモンスターズ」の活動を通して、50・60代のおとな世代の方々が、累計300人参加するイベントを開催。その中で、ダンスや音楽のパフォーマンスを観ていた方々から、「私も、ダンスをやってみたい。」「いつか、ステージに立ってみたい。」「同世代で楽しめることがしたい。」といった声を、多数頂きました。
当社は社員平均年齢27歳と若いため、親世代の方々から頂いた声が他人事には思えず、「日本のおとな世代を元気にしたい」という想いを強く抱くようになりました。
そんな想いに、堤幸彦監督やコシノミチコ氏に共感頂き、「全員50歳以上、出演者100人の ” 第1回 おとな公演 “」の実現に至りました。

【コメント】

■舞台演出: 堤 幸彦


〜プロフィール〜

愛知県出身。映画・テレビドラマ・舞台など多岐に渡り活動する。『20世紀少年』三部作や『トリック』シリーズといった人気作品を手掛け、2015年に『天空の蜂』『イニシエーション・ラブ』で第40回記念報知映画賞・監督賞を受賞。近年の作品に『十二人の死にたい子どもたち』『人魚の眠る家』などがある。

〜コメント〜
今や日本の「主役」とも言える御年配の方々と踊って歌って(?)感動のストーリーをリーディングする記念すべき舞台だ!ある意味、現代に最も“必要“なエンターテイメント、関わることができて本望である!

ってオレも年配か!?

共に闘わん!

 

■衣装協力:MICHIKO KOSHINO (コシノ ミチコ)


〜プロフィール〜
大阪府岸和田市生まれ。コシノ ヒロコ、コシノ ジュンコを姉に持ち世界的に有名なファッションデザイナー、コシノ三姉妹の一人。86年よりスタートした「MICHIKO LONDON KOSHINO」ブランドで、ヨーロッパ及び、日本を始めとしたアジア諸国へ進出し成功を納め、BFC「英国ファッション協会」に日本人で初めて正式会員となる。

〜コメント〜
日本のオトナは、家の中や小さなコミュニティの中に閉じこもっている人が多いと思う。外の世界と切り離されたところで、いつもあっちが痛いだのしんどいだの話してばかりしていたり。特に、今まで誰かの為にとか、誰かの要求に応える人生を送ってきた人達に言いたい!「舞台に立って、人に見られて、自分の存在の大切さを感じて!」って。人と繋がって、夢を持って、もう一度自分を磨き直してみましょう!自分の好きな事して楽しみましょう。

【公演詳細】
・タイトル:「踊れ!人生があるうちに」
同時進行で進む3つのストーリーは、いつしか交差し、絡まり合って、感動のエンディングへ!人生を「好き」に捧げる勇気をもらえる、ドタバタ・エンタメ群像劇。

・日時:2019年9月14日(土)
 昼の部 開場13時 開演13時半 / 夜の部 開場17時 開演17時半

・場所:武蔵野公会堂 武蔵野市吉祥寺南町1丁目6−22

【ダンス出演の応募について】
・レッスン料金:30,000円
  ※レッスン(11回)、リハーサル(3回)、スタジオ代、すべての金額が含まれております。

・応募条件:
 ① 2019年9月14日において、50歳以上の人
 ② 全体リハーサル(8/16、9/5、9/13)、当日舞台(9/14)に参加できる人
 ③ 11回のレッスンを優先できる人(渋谷・新宿・池袋・吉祥寺の予定)
 ④ ビジョンに共感できる人。初心者大歓迎!

・応募方法:公式HPよりお願い致します。
 https://otona-koen.ostance.com/

【クラウドファンデイング】
日本初!50代60代〜の出演者100人の「第1回 おとな公演」を実現のため、会場費や舞台の資金を集めたく、クラウドファンディングを実施しています。
https://camp-fire.jp/projects/view/148688

【参考文献】
※1 「厚生労働省後援、高齢者向けダンス教室「今から始める『はじめての健康ダンス教室』で介護予防!」開催」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000012929.html
※2 公益社団法人日本ストリートダンススタジオ協会 「60歳からの健康ダンス」
https://nssa.or.jp/senior/
※3 独オットー・フォン・ゲリク大学 発表 神経科学専門誌「frontiers Human Neuroscience」(電子版) 2017年6月15日号 掲載
※4 プレジデント 「長生きしたいなら「孤独は毒」を理解せよ」
https://president.jp/articles/-/25545
 

【株式会社オースタンスとは】
株式会社オースタンスは、「私の好きが、世界を、動かす。」という経営理念のもと、ダンサー・シンガー・作曲家を全国で900人以上抱え、エンターテイメント領域でサービスを提供しています。
おとな世代向けには、日本最大級のおとな世代向けSNS「趣味人倶楽部」の運営、シニアモンスターズのプロデュースや、おとな世代がステージで輝ける「おとな公演」を行っています。
ウェディング領域は、ダンス演出やレターソングの演出を、年間1000組のお客様に提供しています。広告領域は、アーティストのプロデュースや、CM制作やイベント企画運営を行っています。
・趣味人倶楽部:https://smcb.jp/
・シニアモンスターズ:https://senior-monsters.ostance.com/

【問い合わせ先】
株式会社オースタンス
〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目12−12オスカカテリーナ 3階
・公演への応募のお問合せは、下記よりお願いします。
https://otona-koen.ostance.com/
・取材のお問い合わせは、下記よりお願いします。
https://ostance.com/contact/

おとな世代向け特化型のSNS「趣味人倶楽部」の運営会社を、2019年5月15日付で株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区/代表取締役会長:南場智子)から株式会社オースタンス (本社:東京都新宿区/代表取締役社長:菊川諒人) へ変更いたしました。

今後とも株式会社オースタンスは、ビジョンである「私の好きが、世界を、動かす。 」の実現を目指し、おとな世代に「発信・つながり・健康」をテーマに、オンライン・オフラインでサービスを展開してまいります。

引き続き、変わらぬご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

◼️「趣味人倶楽部」(https://smcb.jp/)について
50~60代のおとな世代をメインユーザーとした、趣味で繋がる匿名制のSNSサービスです。コミュニティ・イベント・日記などでオンライン・オフラインを問わず活発に交流が行われています。
月間PV約2,000万、会員数約33万人、平均滞在時間約9分と、サイトの滞在時間が長く、回遊率も高いため、おとな世代への最適なプロモーションが可能です。
更に、約3.5万個の趣味コミュニティ、約20万人のコミュニティ参加者を有し、趣味仲間を見つけ、交流が生まれるプラットフォームとなっています。各コミュニティで企画実施されるイベントは、実際に会員同士が出会うオフ会として月間約1,600回開催されています。
※数値は2019年3月27日時点

全国の結婚式場でダンスや歌の演出を提供する株式会社オースタンス(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:菊川諒人)は、自社の社員が、オリジナルソングを制作する演出商品『レターソング』を利用し、母の日に実際にサプライズをしたドキュメンタリー映像を公開しました。この映像では、『レターソング』の運営/制作業務を行っている社員が、「レターソング」の制作と母親へのサプライズ演出を通して「母の日に感謝を伝える特別な時間」を体験する様子がわかります。

【レターソングを母の日に贈る背景】
今回は「レターソング」を運営するオースタンスの社員が、自社の福利厚生を利用し、母の日のサプライズで、お母さんにオリジナルソングを贈りました。
歌には、人の心に深く届き、また記憶に強く残す効果があります。書いた手紙を元に、プロの作曲家とプロのシンガーによって作られる「レターソング」は、親や大切な人への感謝の気持ちを贈るのにぴったりのサービスです。
果たしてお母さんは、本当に喜んでくださるのか。お母さんへ感謝の気持ちを伝えるのに気恥ずかしさがあるという社員の、ドキドキの1日を追いかけてみました。

【ドキュメンタリー内容】

誠に勝手ながら、GW中の営業は以下のとおりとなります。

ゴールデンウィーク期間における休業日

4月30日/5月4日/5月5日

引き続きご愛願賜りますようお願い申し上げます。

TikTok広告特化のクリエイティブ制作サービスを提供している株式会社オースタンス(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:菊川諒人)は、当社プロデュースの世界的な日本人ダンサーであるJENESの中国版TIkTok(抖音 Douyin)で3月15日にアップした動画にて1,800万回再生を突破しました。また、フォロワーが1日で8.5万人増加しました。

当社がプロデュースを担当している世界的な日本人ダンサーであるJENESの抖音 Douyinのアカウントが、2019年3月15日にアップした動画1,800万回再生、48万いいねを記録し、当動画が抖音 Douyinの再生数デイリーランキングで2019年3月15日に10位、翌日に15位を獲得いたしました。また、アカウントを約1ヶ月運用した結果、9.7万フォロワーを獲得いたしました。尚、運用のサポートを行っているのは、中国で七年間SNSを運営し、55万フォロワーを有するインフルエンサー(ソフィー:苏菲)です。

抖音 Douyinで人気のJENESのアカウントの動画(2019年3月15日アップ):http://v.douyin.com/2PTyyW/

■TikTokや抖音 Douyinでの取り組み
これまでオースタンスでは、「私の好きが、世界を、動かす。」という経営理念のもと、アーティストの雇用と活躍機会の拡大を目指して、エンターテイメントを活用したクリエイティブ制作・演出を1,500件以上行ってまいりました。所属アーティスト(ダンサー/シンガー/マジシャン/作曲家など)は、世界レベルのダンサーも含め900名を超えており、幅広いアーティストネットワークを活用した柔軟なクリエティブ制作を強みとしております。
これらの特性を活かし、当社はTikTokや抖音 Douyinの媒体にフィットした「ダンス」や「楽曲」、「映像」を一気通貫で制作サービスを提供しています。また、TikTokerや抖音 Douyin インフルエンサーの育成も手がけており、TikTokerや抖音 Douyin インフルエンサーならではのクリエイティブや感性を取り入れた、より質の高いクリエイティブを制作しております。

※参考:「オースタンス、TikTok広告特化のクリエイティブ制作サービス開始。 振付×作曲×映像制作×TikToker育成の一気通貫型制作を提供」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000018508.html

今後もオースタンスは、これまで蓄積してきたエンターテイメントを活用したクリエイティブ制作・キャスティング・アーティスト育成におけるノウハウのもと、「TikTok」や「抖音 Douyin」を始めとするメディアに適したクリエイティブサプライヤーとして、お客様のマーケティングとアーティストの活躍を支援してまいります。

◼️オースタンスが運用するDouyinのアカウント
抖音 Douyinアカウント名:舞者JENES
抖音 Douyin ID:@jenes
URL:https://www.iesdouyin.com/share/user/110582224162

■JENES プロフィール国内に留まらず海外の様々な大会に出場。数々の功績を残す。CMやPV、テーマパークダンサー、プロモーションダンサーなどの出演や振り付け・演出、海外バトルゲストや審査員、インストラクターなど多方面にも幅広く活躍。 また、落語×Human beat box×Dance UNIT【katamuki】としても活動。

 

株式会社オースタンス (本社:東京都新宿区/代表取締役社長:菊川諒人) は、定年退職の前後となる51〜75歳のディスコ世代が、新しい趣味に出会い、同世代で楽しめる場を提供します。このイベントは”プロ シニア“のパフォーマンスを通して、新しいことを始める1歩を踏み出す勇気を、同じシニア層や若者に与え、エイジングの概念をポジティブにすることが目的です。

【イベント概要】
●イベント名  :シニアモンスターズ祭 vol.3 〜中目黒の夜桜ディスコ〜
●開催日時  :2019年4月14日(日)開場17:30/開演18:00/終演20:30(取材位置は先着順)
●会場  :中目黒TRY(東京都目黒区上目黒3−6−5 中目ビル5F)
●出演者  :
BAMBOO SHOOT (世界的歌手「ブルーノ・マーズ」にシェアされたダンサー)
myunとyayo~(天国に一番近いアイドル)
他 シニアモンスターズより還暦アーティスト20名

●コンテンツ(一部):
・合計年齢380歳!ダンスショーケース
・「2人合わせて114歳」昭和アイドル歌謡ショー
・ドラマにも出演中、話題のラップチーム
・音に合わせて即興で踊る、2on2ダンスバトル
・シニアモンスターズ6名によるトークショー

●チケット購入
https://seniormonsters03.peatix.com/view

シニアモンスターズ祭vol.2 敬老の日スペシャル (左から AVERAGE62、天国にもっとも近いアイドル myunとyayo~、昭和ガールズ) 

【イベント開催背景】
2018年9月15日現在において65才以上の高齢者(以下、シニア)人口は過去最多の3,557万人、総人口比は28.1%となり※1、2019年4月で定年退職を迎える人口も非常に多いことが予想されます。

シニアがアート活動を通して人生の質や健康度、幸福度を高めることができるという「クリエイティブエイジング」が昨今重要視されています。多くの研究調査がアート活動による健康効果を示しており、特にダンスはパーキンソン病の症状緩和や予防に役立ちます。さらにシニアのアート活動は若年層にも年を重ねることに良いイメージや希望をもたらすことが期待されます。※2
クリエイティブエイジング国立センター(NCCA)を中心に国際的にクリエイティブエイジングの施策が進む中、日本でも注目はされながらも、まだまだ具体的なサービスが不足しています。※3

一方、定年(60歳以降の生活)についてのアンケート結果では、定年退職者や若い世代に向けて定年後の生活を充実させる秘訣アドバイスは、1位は「趣味を持つとよい」となり、ニーズの高まりが明白です。※4

シニアモンスターズ祭vol.2 敬老の日スペシャル

【なぜオースタンスが、シニア×エンタメのイベントを開催するのか】
当社は、社員平均年齢27歳という若い会社ながら、「カッコイイに、年齢は関係ない。」を掲げる「シニアモンスターズ( https://senior-monsters.ostance.com/ )」の結成をはじめ、自身の親世代が定年退職後もご機嫌で健康的な人生を歩めるよう、アートやエンターテイメントを活かしたシニア事業を2017年から展開してまいりました。

特に”プロシニア”の集団「シニアモンスターズ」は、過去2回イベントを開催しており、累計200名以上のシニアを動員しました。
今回のイベントでは、定年退職の前後となる51〜75歳のディスコ世代に向けて、人生100年時代のご機嫌な生き方を体現するようなコンテンツを予定しています。

【前回の様子】
・シニアモンスターズ祭 vol.2 -敬老の日スペシャル-(2018年9月17日開催) ダイジェスト動画

https://youtu.be/OcvNi60aYvs

【シニアモンスターズとは】
シニアモンスターズとは、歳を重ね さらに輝く 最高にカッコいい、日本を代表するシニアエンターテイメント集団。3人に1人が65歳以上になる超高齢化社会と言われる現代で、新しいシニア像を体現するため、独自のエンターテイメントを世界に発信している。現在は31名が所属し、テレビやCM出演、主催イベントの開催などで活躍をしている。

【参考文献】
※1 総務省統計局 https://www.stat.go.jp/data/topics/topi1131.html
※2 NIKKEI BP総研 https://project.nikkeibp.co.jp/atcl21f/gdn/yabe/2017072501/?fbclid=IwAR1rme10DgcFrbECzK7VKC1TVR8YKBwbJXGa311qca_YD6-8qaw8L5FNC48
※3 三菱UFJリサーチ&コンサルティング https://www.murc.jp/report/rc/journal/quarterly/2016_04/
※4 何でも調査団 http://chosa.nifty.com/retirement/chosa_report_A20120807/6/

 

ダンス振付/作曲/映像制作から、アーティスト育成やキャスティングまでを一気通貫で行う株式会社オースタンス(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:菊川諒人)は、TikTok広告配信支援に先駆け、ダンス振付/作曲/映像制作の一気通貫型のクリエイティブ制作を開始いたしました。さらに、所属しているTikTokerのクリエイティブや感性を取り入れることで、より質の高い制作を行います。当社は、「TikTok」の媒体の世界観に合った、 “ユーザーの目に留まるクリエイティブ” を実現いたします。

これまでオースタンスでは、「私の好きが、世界を、動かす」という経営理念のもと、エンターテイメントを活用したクリエイティブ制作・演出を1,500件以上行ってまいりました。所属アーティスト(ダンサー/シンガー/マジシャン/作曲家など)は、世界レベルのダンサーも含め900名を超えており、幅広いアーティストネットワークを活用した柔軟なクリエティブ制作を強みとしております。

当社ではダンス振付/作曲/映像制作と一気通貫で制作可能なため、効率的でスピーディーなクリエイティブプロセスの提供が可能です。 さらに、社内メンバーにもアーティストやパフォーマンス経験者が多数いることから、アーティストのスキルや才能を最大限活かしながら、お客様のニーズに応えたクリエイティブの制作を得意としております。

 

これらの特性を活かし、この度当社は、TikTokの媒体にフィットした「ダンス」や「楽曲」、「映像」を一気通貫で制作し、 “ユーザーの目に留まるクリエイティブ” を実現いたします。

また、TikTokerの育成も手がけており、TikTokerならではのクリエイティブや感性を取り入れた、より質の高いクリエイティブを制作いたします。

■えりなっち🐥🌈TikTok公式アカウント https://t.tiktok.com/i18n/share/user/83808942505/

今後もオースタンスは、これまで蓄積してきたエンターテイメントを活用したクリエイティブ制作・キャスティング・アーティスト育成におけるノウハウのもと、「TikTok」を始めとするメディアに適したクリエイティブサプライヤーとして、お客様のマーケティングとアーティストの活躍を支援してまいります。

CONTACT

事業・プロジェクトに関するご相談、取材のお問い合せなど、
お気軽にお問い合せください。