2019.11.14

新谷 颯起

「アクティブシニア」ってどんなシニア?

「最近アクティブシニアが増えてきている」「アクティブシニア向けのサービスを…」といった言葉を良く聞くようになりました。
しかし、そもそもアクティブシニアというものが本当にどういったことをしているのか、見えない点があるかと思います。
アクティブシニアの特徴や、実際どんなことをやっているのかをまとめてみました。

アクティブシニアとは

アクティブシニアがハイタッチをする画像

 

・新しい価値観を生活に取り入れている
・趣味などさまざなな活動をしている
・モノ/コトに関わらず消費活動に積極的

上記のような特徴をもった元気なシニアのことを指します。

また、「一般社団法人日本アクティブシニア協会」では
65歳から75歳までの方と定義されています。

昔のような、「定年退職後は、家でゆっくり暮らそう」
というような、消極的な過ごし方をする方はアクティブシニアには入りません。
引退や老後を、前向きに捉えてより充実したセカンドライフを考えるシニアの方が増えてきています。

アクティブシニアの行動

時間やお金に余裕があるのもアクティブシニアの特徴です。

仕事や子育てなどが終わり、自分のためにお金や時間を使えるので、
今までやりたい、行ってみたい、と思っていたことに対して積極的に行動します。

旅行に出かける

友人など仲の良いコミュニティで旅行プランを立てて旅に出たり、一人で既存のパッケージツアーに参加してそこで新たな出会いを求めたりと、積極的に行動するシニアが多いのが特徴です。

国内だけでなく、負担の大きい「海外旅行」や「世界一周」などを楽しむシニアも多くいます。
また、温泉がある宿など、美容や健康にも繋がるサブの要素が入っているものも人気となっています。

運動をする

健康寿命を伸ばしたいと考える人が多く、健康にも意識が高いのがアクティブシニアの特徴です。健康維持のため、定期的にサークル活動や習い事、ジム、フィットネスなどライフスタイルの中に運動を取り入れている人が多くいます。

さらに、ただ運動するだけでなく、同世代の仲間と一緒に体を動かしてコミュニケーションをとることも大切な要素となってきます。

趣味を深く楽しむ

ご飯を食べたり、お酒を飲んだり、カラオケや音楽鑑賞など共有の趣味で繋がり、共通の趣味を通して友人と会うことにより有意義な時間を楽しんでいます。

大人世代のSNS「趣味人倶楽部」では、趣味を通じて集まった多くのコミュニティが存在しており、コミュニティ内のでイベント(ご飯会やカラオケ、旅行など)が月に1600回、開かれています。

趣味人倶楽部を通じて、オンライン上で出会い、リアルの場でより仲を深め、またオンライン上で連絡を取り合いコミュニティが維持されています。

趣味という共通言語があるためスムーズに仲が深まるので、新たなコミュニティが築きやすいのも特徴です。

趣味人倶楽部とは?

まとめ

従来の「老い」というイメージを払拭する、活発なライフスタイルを送っている方が増えてきました。

現在の平均寿命を考えると、子離れが終わった後、定年退職後から何十年も生きていくことになります。アクティブシニアの生き方は今後、シニアのライフスタイルのお手本になるでしょう。

このような方々に、どうしたらアプローチできるか?という点は、シニアマーケティングにおいて非常に重要なポイントです。
趣味人倶楽部では、企業様と一緒に「おとな世代」の新しいマーケティングを研究しています。


「趣味人倶楽部」とは

https://smcb.jp/

50~60代を中心とした「おとな世代」のSNSサービス。月間2,000万PV、110万UUを誇る。毎月 1,600回ほど、オフ会が開催されている。旅行・カメラ・ゴルフ・カラオケ・社交ダンスなど、趣味をきっかけにコミュニティの中でつながり、リアルに交流するアクティブ層が多いのが特徴。

 

趣味人倶楽部への、広告のご出稿に関するお問合せ/取材お問合せは以下よりお願いいたします。

https://smcb.jp/pages/ad/publication

KEYWORD
  • #シニア

  • #趣味人倶楽部

  • #趣味活

Written by
Director
新谷 颯起

オースタンスで一緒に働きませんか?
採用情報はこちらから

CAREER PAGE

アーティストを随時募集しています
アーティストの方はこちらから

ARTIST RECRUIT

CONTACT

事業・プロジェクトに関するご相談、取材のお問い合せなど、
お気軽にお問い合せください。