2019.11.18

佐藤 璃子

前編「趣味人倶楽部は、新しい自分と世界に出会える場所。」

会員数約34万人、月間約2,000万PVを誇る中高年層特化型のSNS「趣味人倶楽部」。

会員インタビュー第二弾として、65歳、趣味人倶楽部歴10年目の「アンチエイジング」さんにお話を伺いました。

会員約34万人のうち、約20万人がコミュニティに参加する趣味人倶楽部。アンチエイジングさんも「やっぱり同級生♪」というコミュニティを管理人として運営されていました。管理人としてコミュニティを運営していく上での楽しさや工夫どころなどをお伺いしました。

同世代が集まる趣味人倶楽部は、人見知りの僕でも、入りやすかった。

ーまず、「趣味人倶楽部」に入会されたきっかけを教えてください。

アンチエイジングさん(以下略):今から10年前、定年が近づいてきた頃、健康を維持するためにマラソンの仲間を作りたいと思って、検索をしたら「趣味人倶楽部」を見つけました。

当時mixiも流行っていましたが、趣味人倶楽部は年齢的に近い会員ばかりなので、人見知りの僕でも入りやすいなと思いました。

ー人見知りだとむしろ入りづらくなかったでしょうか?

匿名で入れますし、気軽な感じがありました。ただ、妻には最初は「友達と会ってくる」と伝えてましたね。笑 僕自身は、男性だしそんな危険なこともないだろうと思っていました。1年ほど活動を続けているうちに、妻も理解してくれて、「ここ行ったら楽しいんじゃない」などと、アドバイスまでくれるようになりました。

みんな、「この歳になにか新しいことはじめたい」と思っていても、最初の一歩がなかなか踏み出せないんです。だからこそ趣味人倶楽部は良いきっかけとなる場所だと思います。

 

昭和29年度生まれの人しか入れない、”バーチャル同窓会”のコミュニティ。

iPadでオフ会の思い出を振り返るアンチエイジングさん。

ー所属されているコミュニティ「やっぱり同級生♪」について教えていただけますか。

昭和29年4月から昭和30年3月生まれの同級生が入れるコミュニティです。

同級生限定で、例外はありません。同い年ならではの悩みや不安、郷愁を、ネット上やオフ会で語り合い、お互いの心の拠り所になれたらいいな、という思いから始まったコミュニティです。

1コミュニティ=1クラス想定なので、50人を最大人数として運営しています。普段はコミュニティでトピックを立てて、共通の話題に花を咲かせたり、年に数回オフ会を企画し、全国から集まった同級生と旅行などをしています。

僕は2019年の夏まで管理人として活動をさせてもらっていました。現在は管理人を別の方にお願いし、僕はイベント兼健康推進担当として活動しています。

ーどういった経緯で「やっぱり同級生♪」をひっぱる立場になられたのでしょうか?

僕はコミュニティが立ち上がって2ヶ月目の、35人目で入りました。最初はコミュニティ掲示板のみ、web上のみでのやりとりでした。当時はLINEも無かったので、同級生とチャットできる感覚が新鮮で、とても楽しかったのです。夜になったらみんなで会話しよう、とトピックで話していました。同い年だから、映画や流行歌などの話題で盛り上がりました。

そうやって毎週話しているうちに、「会いたいよね」という声が出てきたんです。そこで、イベント担当の任命を、管理人になる形でお受けしました。イベント担当としての初仕事は、第一回目オフ会の企画運営になります。忘れもしない、2009年10月10日、東京駅近くのホテルで、ビュッフェランチをして、夕方はカラオケを楽しむというイベントを企画しました。10名集まってくれました。

 

オフ会で初めて会えた瞬間は、大感激でした。

京都でのオフ会の様子。

ー緊張しましたか?

それはもう、イベント当日は、全く初めて会うメンバーばかりで、新鮮でドキドキしました。会えた瞬間は、大感激でした。趣味人倶楽部は匿名の集まりなので、ニックネームしかわかりません。そのため、誰かわかるように、会員のプロフィール画像とニックネームが書かれたネームタグを配りました。その日はとっても盛り上がって、あっという間に時間が過ぎて行きました。

当時のネームタグ

ーお伺いしているだけで、私たちもドキドキしてきました!他にも、思い出のオフ会はありますか?

5年前に行った、”還暦を祝おう!”と企画したオフ会が心に残っています。それまでは関東でオフ会を行なっていたのですが、やはり関東のメンバーしか集まれなかったので、より様々な地域の同級生が集まれるように、熱海で開催しました。愛知から4名、静岡から3名、関東から8名が集まりました。オンライン参加の要望もあったので、新潟県佐渡島在住の女性と、スマホアプリでTV電話をしました!

ーオフ会にオンライン参加とは、斬新ですね!

おかげさまで、TV電話も盛り上がりました!TVとスマホを繋げられるように、事前に準備をしました。当日は、熱海の旅館を貸切りました。赤いタオルを首に巻いて、おそろいにして。同級生しかいないというのは、なんとも言えない高揚感がありました。笑 徹夜で朝まで話すメンバーもいました!当日の様子をまとめた「やっぱり同級生♪」限定公開の動画は、再生回数が350回と伸びました。50人しかいませんから、1人で平均7回ほども観ていただいたことになります。

ーものすごい盛り上がりですね!「やっぱり同級生♪」のオフ会が、みなさんにとって特別なイベントであり、繋がりを深める機会だと感じます。

 

〜今回は管理人になられるまでの経緯と、オフ会の様子についてお伺いしました!次回は、コミュニティの活性化について、アンチエイジングさんの並並ならぬ工夫をお伺いしていきます!お楽しみに!〜

 


「趣味人倶楽部」とは

https://smcb.jp/

50~60代を中心とした「おとな世代」のSNSサービス。月間2,000万PV、110万UUを誇る。毎月 1,600回ほど、オフ会が開催されている。旅行・カメラ・ゴルフ・カラオケ・社交ダンスなど、趣味をきっかけにコミュニティの中でつながり、リアルに交流するアクティブ層が多いのが特徴。

 

趣味人倶楽部への、広告のご出稿に関するお問合せ/取材お問合せは以下よりお願いいたします。
https://ostance.com/contact/

KEYWORD
  • #シニア

  • #マーケティング

  • #会員インタビュー

  • #趣味人倶楽部

  • #趣味活

Written by
PR
佐藤 璃子

オースタンスで一緒に働きませんか?
採用情報はこちらから

CAREER PAGE

アーティストを随時募集しています
アーティストの方はこちらから

ARTIST RECRUIT

CONTACT

事業・プロジェクトに関するご相談、取材のお問い合せなど、
お気軽にお問い合せください。