メールのアイコン ご相談はこちら 資料のアイコン 資料ダウンロード

シニア向けサービスとは?シニアに向けたアプローチを成功する秘訣

近年、市場規模が拡大している「シニア市場」。
ビジネスチャンスを期待して多くの企業が参入しているこの市場で、手当たり次第アプローチしても成功を勝ち取ることは簡単ではありません。

これから新たにシニア市場へのビジネス参入を検討される企業、シニア市場にビジネス参入したものの十分な結果が得られていない企業のご担当者様に参考になるよう、シニアに関する情報をまとめてみました。この記事をきっかけに、何か新たな解決策を生み出すことができるようになれますと幸いです。

シニアを取り巻く環境

内閣府が公表している『高齢化の推移と将来推計』によると、2036年には3人に1人が65歳以上となると言われています。高齢化率が上昇している日本にとって、シニア向けサービスは今後も考える必要のある分野と言えます。

シニア向けのサービスといえば、よく思いつくものだと介護用品、老人ホームなどがあります。シニア市場を分けると「医療・医薬産業」「介護産業」「生活産業」の3つに分類することができます。
(参考:みずほコーポレート銀行産業調査部作成:https://www.mizuhobank.co.jp/corporate/bizinfo/industry/sangyou/pdf/1039_03_03.pdf)

細かく分類すると、下記に分かれます。
○医療・医薬産業
・サービス(医師等人件費、調剤報酬)
・器具
・医薬
・施設関連費用
○護産業
・在宅介護(訪問/通所サービス、介護予防支援、福祉用具)
・居住系介護(短期入所サービス、グループホーム)
・介護施設(介護サービス、入居費用・施設関連費用)
○生活産業:食料、家具、被服、交通、交通、娯楽など
・サービス(医師など人件費、調剤報酬)
・器具(診断機器、処置/手術器具)
・医療(治療薬、診断薬、予防薬)
・施設関連費用(入院費用)

参考記事:シニア市場は100兆円に!?シニアマーケットが持つ新たな可能性とは

シニア向けプロモーションのポイント

シニアに向けてアプローチをしたいとき、どのようにアプローチをすればいいのでしょうか。
シニアと一言で言っても、ライフスタイルや年齢によって、ニーズは様々です。シニア向けにアプローチする際は、「ターゲットを明確にする」ことと、「ターゲットに合った訴求を行う」ことが重要と言えます。

①ターゲットを明確にする。
一般的に、シニアとは65歳〜を指すことが多いですが、年齢で見ても、65歳と70歳とではライフスタイルは大きく変わってきます。また、お子さんがいるか、介護をしているかなどでもシニアのインサイトは多様にあります。
また、購買を目的とする際は、シニアの中でも「アクティブシニア」と言われる層を狙うことが効果的とされています。

参考記事:「アクティブシニア」ってどんなシニア?

②ターゲットに合った手法でアプローチをする。
ターゲットが明確になったら、そのターゲットに当たる手法でアプローチすることも重要です。
シニア=WEBは使わない、見ない と思われがちですが、シニアのインターネット利用率は高まっているため、ケースによっては、WEBでのアプローチも有効となります。

シニア向けWEBサービスの紹介

先ほども述べたように、シニアはインターネットの利用率が高まっており、総務省の調査によると、60~69歳の利用率は90.5%と言われています。
また、60代だけでなく、70代、80代のインターネット利用率も年々増えており、高齢者にもWEBでのアプローチをする企業が増えてきました。

下記サイトより、WEBでプロモーションができるメディアを紹介しております。

参考記事:シニア向けのプロモーション5選【WEB版】

日本最大級のシニアSNS運営で培った
シニアマーケティング支援

チェックボックス

シニアへの訴求方法がわからない

チェックボックス

シニアにWEBでアプローチできるの?

チェックボックス

自社の商品がシニアにニーズがあるのか知りたい

戦略立案から広告マーケティング支援、
実務代行、 内製化支援まで一社完結で支援いたします。

お気軽にご相談ください

株式会社オースタンス
シニア向けPR事例

<趣味人倶楽部×博報堂シニアビジネスフォース様>

「趣味人倶楽部シニアコミュニティラボと博報堂シニアビジネスフォースが、800名以上のアクティブシニアに共同調査を実施(シニアのオンライン行動について)」

<趣味人倶楽部×東京大学様>

「インターネットを活用する高齢者の生活事情、幸福度や健康に関して共同調査開始」

<趣味人倶楽部×楽天様「ラクマ」とのオンラインイベントの取り組み?>

「新しい生活様式に対応したオンライン版 シニア向けフリマアプリ教室」

KEYWORD
  • #シニア

  • #マーケティング