pc_logo
シニアDX推進

シニア世代のインサイトを紐解く「コミュニティマーケティング」についてポイントや事例を徹底解説!

更新日:

alt

既存のマーケティング方法での新規顧客獲得に限界を感じている方は、コミュニティマーケティングを行ってみてはいかがでしょうか。

現在、企業やサービスに既存の顧客を抱えている場合、既存の顧客にアプローチするコミュニティマーケティングは非常に有効です。

しかし、具体的にコミュニティマーケティングをどのように行えばいいのか、迷っているという方も多いでしょう。

この記事では、コミュニティマーケティングのポイントや、実際のコミュニティ作成の事例を紹介します。

コミュニティマーケティングとは

コミュニティマーケティングは、既存顧客の継続を目的とするマーケティング手法のひとつです。

既に形成された(またはこれから形成する)コミュニティに対してマーケティングを行いますので、新規顧客獲得のチャンスは少ないものの、コミュニティメンバーの帰属意識を高めることにも繋がり、インサイトを深掘りしやすくなります。

具体的なコミュニティの例としては以下のようなものが挙げられます。

  • コミュニティサイト
  • SNS
  • ユーザー向けのオフラインコミュニティ

また、スクールなどもコミュニティのひとつとして挙げられます。

コミュニティマーケティングと従来のマーケティングとの違い

alt

従来のマーケティングは、潜在顧客に広くアプローチして認知を拡大する手法であるのに対し、コミュニティマーケティングは、既存顧客にアプローチして、興味・関心を探る手法です。従

のマーケティングは、基本的なマーケティングファネルのステップに基づいたアプローチが必要です。

「認知→興味・関心→比較・検討→行動」 に対して、コミュニティマーケティングでは顧客が行動(購入)した後のアプローチを 「LTV→ファン化」 することを目的とします。

alt

LTV(Life Time Value)とは、顧客から生涯にわたって得られる利益のことを指します。コミュニティマーケティングを行い、既存顧客のインサイトを探ることで、既存顧客からのアップセルを狙うことができます。

さらに、商品の価値を顧客に理解してもらい、ファン化してもらうことで、商品の情報をネットなどで共有してもらうことができ、認知アップにも繋げることが可能です。

コミュニティマーケティングが必要な理由

近年では、ウィズコロナの社会情勢により、多くのビジネスがオンライン化しており、従来のマーケティング手法ではCPA(顧客獲得単価)の高騰が問題になっています。

特に、オンラインでの接点を持ちにくいシニア層では、信頼できる人物からの紹介を期待できるコミュニティマーケティングが重視されています。

コミュニティマーケティングは、従来のマーケティングとは違い、施策自体がコミュニケーションになりますので、顧客の企業の商品・サービスに対する帰属意識が向上する点もメリットです。

シニアにおけるコミュニティマーケティングのポイント

シニア世代におけるコミュニティマーケティングには、押さえておくべきポイントがあります。

①シニア世代は社会貢献・社会参加に価値を感じる

alt

シニア世代は、金券などのインセンティブよりも、自分の意見が社会に反映され、社会貢献・社会参加できることに価値を見出しています。

定年退職や子育ての終了により、空き時間が増えますので、モニター参加などのコミュニティにも積極的に参加してくれる傾向があります。

②同世代へのアウトプットの場を提供する

シニア世代は、若年層の集まるコミュニティでは萎縮してしまい、自分の意見を発信しづらく感じてしまいます。

同世代のコミュニティの中であれば、共通の話題・言語があるため、活発な意見を発信することができます。

③年齢層や特性に合わせて最適化する

シニア世代というと、画一的な「老人・高齢者」のイメージを持ってしまいがちですが、50代・60代・70代の年齢層によって、ITリテラシーにも大幅な違いがあります。

とにかく、文字を大きく・シンプルに、などと先入観で作ってしまうと、50代・60代の中高年の方には定着しないデザインになってしまいます。

シニア×コミュニティの作り方

alt

シニア×コミュニティを作るには、コミュニティの目的を設定して、実際に運営する方法を設定する必要があります。

コミュニティの目的を設定する際には、コミュニティのテーマが活性化しやすいテーマなのかを調査しておくようにしましょう。テーマの調査には、定性調査やUI/UX調査などの手法が用いられます。

実際にコミュニティを運営するうえでは、以下のような方法が考えられます。

  • SNSコミュニティ
  • ファンクラブ
  • クラウドファンディング
  • 企業コミュニティ
  • オンラインサロン
  • スクール

自社のサービス・商品に合ったメンバーを集められるテーマ・手法でコミュニティを形成しておくことは、マーケティングにおいて重要な武器のひとつになります。

オースタンスでは、シニア・中高年向けのコミュニティサービス「趣味人倶楽部」をはじめ、シニアマーケティングなど、エイジテックサービスを先駆けて提供してきました。

エイジテックサービスの企画・調査を検討している担当者様は、お気軽にご相談下さい。

alt

alt

CONTACT

お気軽にお問合せください。

DOWNLOAD

会社概要資料のダウンロード