2020.02.25

新谷 颯起

シニア向け広告 CTRをあげるポイントとは?【事例あり】

シニアをターゲットに広告出稿を検討しているが、どのような訴求が有効なのか、頭を悩ませているマーケティング担当者は多いのではないでしょうか?
今回は、シニアへ向けて広告出稿をする際に抑えておくべき、CTRをあげるポイントを事例を踏まえながら紹介します。

事例のご紹介

今回は、会員サービス会社様の事例をご紹介します。弊社が運営する趣味人倶楽部会員の方に、そのサービスを体験していただき、具体的どのような部分が良いのか、魅力を伝えるタイアップ記事を制作しました。

課題:シニアに向けたWEBでの効果的なアプローチ方法を知りたい

クライアント様の課題として、シニアに向けたWEBでのアプローチを行ったことがないため、どのようなクリエイティブで訴求すると効果が出るのか知りたい、効果的なアプローチ方法を探りたい、ということが課題でした。

方法:訴求軸の異なる2つのバナー広告を配信して検証する

今回は「応援訴求」と「お得訴求」の2パターンで訴求軸の違うバナー広告を配信し、1週間ごとにクリエイティブを変更しました。どちらの方がCTRが高いのか検証しました。

<応援訴求>
・このサービスは、会員様を応援します。という見せ方で訴求する
・「体験記」というワードを使うことにより、パッと見での広告感の印象を少なくする
<お得訴求>
・「金額が安くなる」「お得な」という軸で訴求する
・具体的な割引価格を表示して、興味を持ってもらう

結果

バナー広告において、一般的には[20%引き]など、具体的に数字を入れた「お得訴求」の方が効果が高いと言われていますが、今回は「応援訴求」の方がCTRが高くなりました。
このような結果になった理由として考えられるのは、
・直接的な訴求より、寄り添うような訴求のほうが、シニア世代に向いている。
・「体験記」のワードを入れたことにより、どのようなサービスなのか関心を持ちやすかった
ということが考えられます。

まとめ

最近では、いろいろな場所でバナー広告を見かけます。「お得訴求」では他の広告バナーに埋もれてしまい見つけてもらえなかったり、興味のある商品しかクリックしてもらえないのかもしれません。

趣味人倶楽部では、おとなインフルエンサーと呼ばれる趣味人倶楽部内で影響力のある会員様にサービスを体験してもらうことにより、効果的なアプローチが可能となってます。

過去の事例等も載ってますので、詳しくはこちらの広告掲載ページをご覧ください。


「趣味人倶楽部」とは

50~60代を中心とした「おとな世代」のSNSサービス。月間2,000万PV、110万UUを誇る。毎月 1,600回ほど、オフ会が開催されている。旅行・カメラ・ゴルフ・カラオケ・社交ダンスなど、趣味をきっかけにコミュニティの中でつながり、リアルに交流するアクティブ層が多いのが特徴。

《趣味人倶楽部の取り組み》

・趣味人倶楽部×博報堂シニアビジネスフォース様
 「趣味人倶楽部シニアコミュニティラボと博報堂シニアビジネスフォースが、1500名以上のアクティブシニアに共同調査実施。」
 https://smcb.jp/redirects/4195

・趣味人倶楽部×東京大学様
 「インターネットを活用する高齢者の生活事情、幸福度や健康に関して共同調査開始」
 https://smcb.jp/redirects/4196

・趣味人倶楽部×楽天様「ラクマ」とのオンラインイベントの取り組み
 「新しい生活様式に対応したオンライン版 シニア向けフリマアプリ教室」
 https://smcb.jp/redirects/4197

KEYWORD
  • #シニア

  • #マーケティング

  • #趣味人倶楽部

Written by
Director
新谷 颯起

オースタンスで一緒に働きませんか?
採用情報はこちらから

CAREER PAGE

アーティストを随時募集しています
アーティストの方はこちらから

ARTIST RECRUIT

CONTACT

事業・プロジェクトに関するご相談、取材のお問い合せなど、
お気軽にお問い合せください。