2020.01.22

新谷 颯起

シニア世代のSNS利用率、ナンバー1はLINE【デジタルシニア調査レポート】

今回の調査は「趣味人倶楽部」の会員様にお答えいただいた調査結果となります。
趣味人倶楽部とは50歳から70歳の方がメインで使用しているWEB上のコミュニティサービスとなっています。趣味人倶楽部自体がPCやスマートフォンから操作するものなので、調査対象者はネットリテラシーが高い方となります。そのようなデジタルシニア543名にアンケート調査を行いました。(2019年12月に実施)

第一位はLINE、利用率60%超

質問:趣味人倶楽部以外のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使っていますか。

結果はこのようになりました。
第一位はLINE、第二位はFacebook、第三位はTwitterという結果になりました。趣味人倶楽部のようなWEBサービスを使用する方でもLINEの使用率が60%という結果をみると、まだまだ連絡手段としてメールを利用している人が多いのかもしれません。
趣味人倶楽部以外のSNSを「使っていない」も19.3%と高い結果になりました。

各種SNS利用率は、一般のシニアと比べて10%以上高い結果に

出展:マクロミル

上の図は、全国60~79歳の男女1000人に聞いたSNS利用率のアンケート結果です。この調査結果を見ると、趣味人倶楽部会員に向けた調査結果の方が、LINE・Facebook・Twitter・Instaglamの利用率が10%以上高いことが見受けられます。

全年代と比較すると、シニア世代はFacebookの利用率が高い

出展:ferret

こちらの図はシニアだけではなく、全世代を含めた各種SNSの利用率です。
Facebookが第4位となっていますが、シニア世代のランキングでは、FacebookはLINEに次いで第2位でした。シニア世代へ、アプローチをかける場合はTwitterやInstaglamよりもFacebookを利用した方が高い効果が得られるでしょう。

まとめ

趣味人倶楽部以外のSNSを利用していない方が19.3%と高いことから、シニア世代において複数のSNS、WEBサービスを利用する人はまだまだ少なく、自分にフィットしたSNS、WEBサービスを使い続けるということがわかりました。

シニアへの有効なアプローチの手段として、Facebookが挙げられますが、それでも利用率はまだまだ低いため、一つのSNSやWEBサービスだけで、リーチを広げるには限界があります。シニアに対して効果的なアプローチをする場合、複合的に検討することが大切になってくるでしょう。

弊社が運用するおとな世代向けSNS「趣味人倶楽部」では、シニアに対してアプローチが可能となっておりますのでお気軽にご相談ください。詳しくはこちらの広告掲載ページをご覧ください。


「趣味人倶楽部」とは

50~60代を中心とした「おとな世代」のSNSサービス。月間2,000万PV、110万UUを誇る。毎月 1,600回ほど、オフ会が開催されている。旅行・カメラ・ゴルフ・カラオケ・社交ダンスなど、趣味をきっかけにコミュニティの中でつながり、リアルに交流するアクティブ層が多いのが特徴。

KEYWORD
  • #シニア

  • #マーケティング

  • #趣味人倶楽部

Written by
Director
新谷 颯起

オースタンスで一緒に働きませんか?
採用情報はこちらから

CAREER PAGE

アーティストを随時募集しています
アーティストの方はこちらから

ARTIST RECRUIT

CONTACT

事業・プロジェクトに関するご相談、取材のお問い合せなど、
お気軽にお問い合せください。