メールのアイコン ご相談はこちら 資料のアイコン 資料ダウンロード

シニア世代のSNS利用率、ナンバー1はLINE【デジタルシニア調査レポート】

今回の調査は「趣味人倶楽部」の会員様にお答えいただいた調査結果となります。
趣味人倶楽部とは50歳から70歳の方がメインで使用しているWEB上のコミュニティサービスとなっています。趣味人倶楽部自体がPCやスマートフォンから操作するものなので、調査対象者はネットリテラシーが高い方となります。そのようなデジタルシニア543名にアンケート調査を行いました。(2019年12月に実施)

第一位はLINE、利用率60%超

質問:趣味人倶楽部以外のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使っていますか。

結果はこのようになりました。
第一位はLINE、第二位はFacebook、第三位はTwitterという結果になりました。趣味人倶楽部のようなWEBサービスを使用する方でもLINEの使用率が60%という結果をみると、まだまだ連絡手段としてメールを利用している人が多いのかもしれません。
趣味人倶楽部以外のSNSを「使っていない」も19.3%と高い結果になりました。

各種SNS利用率は、一般のシニアと比べて10%以上高い結果に

出展:マクロミル

上の図は、全国60~79歳の男女1000人に聞いたSNS利用率のアンケート結果です。この調査結果を見ると、趣味人倶楽部会員に向けた調査結果の方が、LINE・Facebook・Twitter・Instaglamの利用率が10%以上高いことが見受けられます。

全年代と比較すると、シニア世代はFacebookの利用率が高い

出展:ferret

こちらの図はシニアだけではなく、全世代を含めた各種SNSの利用率です。
Facebookが第4位となっていますが、シニア世代のランキングでは、FacebookはLINEに次いで第2位でした。シニア世代へ、アプローチをかける場合はTwitterやInstaglamよりもFacebookを利用した方が高い効果が得られるでしょう。

まとめ

趣味人倶楽部以外のSNSを利用していない方が19.3%と高いことから、シニア世代において複数のSNS、WEBサービスを利用する人はまだまだ少なく、自分にフィットしたSNS、WEBサービスを使い続けるということがわかりました。

シニアへの有効なアプローチの手段として、Facebookが挙げられますが、それでも利用率はまだまだ低いため、一つのSNSやWEBサービスだけで、リーチを広げるには限界があります。シニアに対して効果的なアプローチをする場合、複合的に検討することが大切になってくるでしょう。

弊社が運用するおとな世代向けSNS「趣味人倶楽部」では、シニアに対してアプローチが可能となっておりますのでお気軽にご相談ください。詳しくはこちらの広告掲載ページをご覧ください。

日本最大級のシニアSNS運営で培った
シニアマーケティング支援

チェックボックス

シニアへの訴求方法がわからない

チェックボックス

シニアにWEBでアプローチできるの?

チェックボックス

自社の商品がシニアにニーズがあるのか知りたい

戦略立案から広告マーケティング支援、
実務代行、 内製化支援まで一社完結で支援いたします。

お気軽にご相談ください

株式会社オースタンス
シニア向けPR事例

<趣味人倶楽部×博報堂シニアビジネスフォース様>

「趣味人倶楽部シニアコミュニティラボと博報堂シニアビジネスフォースが、800名以上のアクティブシニアに共同調査を実施(シニアのオンライン行動について)」

<趣味人倶楽部×東京大学様>

「インターネットを活用する高齢者の生活事情、幸福度や健康に関して共同調査開始」

<趣味人倶楽部×楽天様「ラクマ」とのオンラインイベントの取り組み?>

「新しい生活様式に対応したオンライン版 シニア向けフリマアプリ教室」

KEYWORD
  • #シニア

  • #マーケティング

  • #趣味人倶楽部