2019.11.18

新谷 颯起

なぜシニアマーケティングがうまくいかないのか?

今後シニア市場が拡大していきます。
2025年には、65歳以上の人口数が3,657万人となり、全人口の30.3%の割合を占めるので3人に1人が65歳以上となります。
さらに、市場規模が100兆円を突破するこの市場には多くの企業が参入を試みていますが、若者に比べて事例がないことや、定年退職をして、行動パターンがや情報が見えづらいことからシニアのマーケティングは難しいと言われています。

趣味人倶楽部を運営しているノウハウから、今回はシニアマーケティングのポイントについて解説させていただきます。

シニアマーケティングが難しい3つの理由

「シニア」のペルソナは多種多様

「シニア」の定義として年齢が、定年退職後や子離れ後の60歳からと考えると、100歳までの間で40年の開きが出てきます。
それだけ開きがあれば、世代によって感覚が違うため「シニア」とひとくくりにしてしまうと、どんどんペルソナが見えづらくなってきてしまいます。
また、個人においても様々な背景を持って生活している方が多いので、
若者と同じく「シニア」という集合体の中には、小さな集合体が多く存在しているということを、見落とさないように注意しましょう。

世間一般の「シニア」のイメージが、現実と乖離している

昔のシニアは家にいる「お年寄り」というイメージが強かったですが、現在はそんなことはなく、60歳はもちろんのこと70歳代でも元気に活動している方が多くいらっしゃいます。
2019年9月に行われた、おとな公演というダンスの舞台に出演された八木さんは、なんと78歳でダンサーとして舞台に出演されました。

もちろん、家でゆっくり過ごす方々もいらっしゃいますが、医療の発展もありアクティブに活動をされる方が増えてきているということに気づいて、マーケティング手法を変えなければなりません。

同年代の「シニア」マーケターがいない

65歳で定年退職をしてサラリーマンをやめてしまうということもあり、同年代の感覚(体力面や精神面についても)を掴めるマーケターが存在しないということも、マーケティング戦略を立てづらい要因の一つとなっています。

シニアマーケティングのポイント3つ

シニアマーケティングを考える時にキーとなる、3つのポイントをご紹介します。

家族/孫に対しての消費

日本新聞協会広告委員会「2015年全国メディア接触・評価調査」によると、

1年間で孫にしてあげたことは、外食や旅行・レジャーなどで一緒に過ごす時間を楽しんだり、お小遣いやおもちゃ・学用品をプレゼントしたりするなど多岐にわたっています。孫のために支出した金額は、平均13万円にも上ります。

というデータがあり、自分のためのモノ消費よりも、孫のため、家族のためにお金を使うのがシニア世代の特徴の一つとなっています。

健康/運動への関心

年齢が高まるにつれて、健康に対しての意識があがっていきます。
その中でも、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間、すなわち「健康寿命」に関心が高まってきています。
「健康」サービスの成功事例として、シニア女性をターゲットにしたフィットネスサービスの「カーブス」が注目を集めています。

体験/コミュニティへの関心

シニアに人気の趣味の一つに「旅行」があります。
しかし、ただ一人で旅行に出かけるだけではなく、SNSを利用して友人と一緒に旅行にいったり、
クラブツーリズムさんのテーマ旅行のような、「体験」と「旅行」がセットになったパッケージツアーも、シニアに人気のあるコンテンツとなっています。

まとめ

「シニア」という言葉があることによって、「シニア」を大きな塊として捉えてしまいがちですが、実際はシニアの中でも細かく分類されています。
そのことを忘れずに、上記で述べたポイント3つを意識してシニア世代へアプローチしてみてください。


「趣味人倶楽部」とは

https://smcb.jp/

50~60代を中心とした「おとな世代」のSNSサービス。月間2,000万PV、110万UUを誇る。毎月 1,600回ほど、オフ会が開催されている。旅行・カメラ・ゴルフ・カラオケ・社交ダンスなど、趣味をきっかけにコミュニティの中でつながり、リアルに交流するアクティブ層が多いのが特徴。

趣味人倶楽部への、広告のご出稿に関するお問合せは以下よりお願いいたします。

https://smcb.jp/pages/ad/publication

 

KEYWORD
  • #シニア

  • #マーケティング

  • #趣味人倶楽部

Written by
Director
新谷 颯起

オースタンスで一緒に働きませんか?
採用情報はこちらから

CAREER PAGE

アーティストを随時募集しています
アーティストの方はこちらから

ARTIST RECRUIT

CONTACT

事業・プロジェクトに関するご相談、取材のお問い合せなど、
お気軽にお問い合せください。